• 本

そして誰もいなくなった

ハヤカワ文庫 クリスティー文庫 80

出版社名 早川書房
出版年月 2010年11月
ISBNコード 978-4-15-131080-5
4-15-131080-0
税込価格 821円
頁数・縦 387P 16cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全3件

  • 謎の人物から正体を受けた8人の客と、館で働く夫妻。
    突如読み上げられるそれぞれが犯した過去の罪。
    客室に掲げられた童謡の歌詞と同じように一人一人殺されていき、ダイニングに飾ってあった10体の兵隊人形が一体一体消えていく。
    最後の一人が死んで残る謎。
    「誰が犯人なのか?」
    容疑者全員死亡!でも犯人は外部の人間ではない。密室状態の孤島で起きる不気味な犯罪。

    現代のいろいろなマンガや小説にもちらほらとこの作品のモチーフが見受けられます。
    それを発見するのも楽しいですよね。

    結末は内緒ですが、
    頑固で潔癖な老婦人、気難しい老将軍、いかにも胡散臭げな男、などなど、
    人物描写がはっきりとしていて、キャラクターがイメージしやすいです。
    ドラマや映画もたくさん出ていますが、
    映像は見たけど原作はまだ、な人は是非読んでみてください。

    (2018年10月17日)

  • そして誰もいなくなった

    この本では接点のない男女10人が無人島に招待されて、招待された日の夜にレコードから一人ずつ人を殺した、と殺した人の名前が流されます。それから部屋にかかっていた童話の順番、童話通りに一人一人殺されていきます。
    この本を読んでいると、物語が進んでいくごとに犯人が分からなくなってきます。この人が犯人だ、と思うと次には殺されていたりします。
    この本を読んでいる途中で犯人が分かった人はすごいと思います。推理小説が好きな人は是非読んでみて下さい。(日の出中学校職場体験学習生 加藤颯汰)

    (2015年7月29日)

  • 私の中でアガサ・クリスティーといったらこの作品です!

    ある孤島に集められた10人の男女。
    夕食の席で、聴かされた童話通りに次々と人が殺されていく。
    主催者のいないこの館。
    犯人と思われるのは残された人の中のだれか。
    生き残るのは!?
    最後まで緊張感が抜けません。

    ミステリーファンには読まずにいられない作品です。

    (2013年7月20日)

他の書店レビューを見る

商品内容

要旨

その孤島に招き寄せられたのは、たがいに面識もない、職業や年齢もさまざまな十人の男女だった。だが、招待主の姿は島にはなく、やがて夕食の席上、彼らの過去の犯罪を暴き立てる謎の声が響く…そして無気味な童謡の歌詞通りに、彼らが一人ずつ殺されてゆく!強烈なサスペンスに彩られた最高傑作。新訳決定版。

著者紹介

クリスティー,アガサ (クリスティー,アガサ)   Christie,Agatha
1890年、イギリスのデヴォン州トーキーに生まれる。1914年に24歳でイギリス航空隊のアーチボルド・クリスティーと結婚し、1920年には長篇『スタイルズ荘の怪事件』で作家デビュー。1928年にアーチボルドと離婚し、1930年に考古学者のマックス・マローワンと結婚した。1976年に亡くなるまで、長篇、短篇、戯曲など、その作品群は100以上にのぼる。現在も全世界の読者に愛読されており、その功績をたたえて大英帝国勲章が授与されている
青木 久惠 (アオキ ヒサエ)  
1966年早稲田大学文学部英文科卒、英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)