• 本

投資価値理論 株式と債券を正しく評価する方法

ウィザードブックシリーズ 172

出版社名 パンローリング
出版年月 2010年12月
ISBNコード 978-4-7759-7139-0
4-7759-7139-5
税込価格 4,180円
頁数・縦 609P 22cm

商品内容

要旨

「配当割引モデル」の原型。ディスカウント・キャッシュフロー・モデルをはじめとして、刊行当時としては革新的な理論が多く解説され、バリュー投資の教科書として長らく評価を得てきた。60年以上読み継がれてきた「投資価値理論」の記念碑的古典。

目次

第1巻 投資価値と市場価格(株式市場における投機とは
純粋投資価値理論
利息と配当の経済学
利率と価格水準の展望)
第2巻 投資価値に関するケーススタディ(最新の調査
事後評価)

著者紹介

ウィリアムズ,ジョン・バー (ウィリアムズ,ジョンバー)   Williams,John Burr
1902‐1989。ハーバード大学在学中は数学と化学を専攻。1923年に卒業後、ハーバード・ビジネススクールに進み、経済予測と証券分析を学ぶ。その後、証券会社で証券アナリストとして活躍するものの、1932年、プロのエコノミストを目指して再びハーバード大学文理学部に入学。修士論文として『投資価値理論』を執筆し、1938年、ハーバード大学出版局から出版する。しかし教授会の承認を得ずに論文を出版したことや、その内容がケインズ学派に懐疑的であったことから、1940年になるまで博士号を修得できなかった
長尾 慎太郎 (ナガオ シンタロウ)  
東京大学工学部原子力工学科卒。日米の銀行、投資顧問会社、ヘッジファンドなどを経て、現在は大手運用会社勤務
岡村 桂 (オカムラ カツラ)  
青山学院大学国際政治経済学部(国際金融専攻)を卒業し、損害保険会社に入社。その後、渡米し、翻訳の仕事に携わる。帰国後は、電機メーカーの翻訳部を経て独立し、現在はフリーランスで翻訳をしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)