• 本

林芙美子女のひとり旅

とんぼの本

出版社名 新潮社
出版年月 2010年11月
ISBNコード 978-4-10-602212-8
4-10-602212-5
税込価格 1,540円
頁数・縦 135P 21cm

商品内容

要旨

芙美子が人生の節目に旅し、愛した場所を、彼女自身の時にわくわく、時にしみじみとした紀行文を読みながらたどる。

目次

1 門司―私は宿命的に放浪者である
2 尾道―泳いだ海、恋をした山
3 東京―ああ一人の酔いどれ女でございます
4 パリ―巴里の街は、物を食べながら歩けるのです
5 北海道―山や湖を見て暮したいと思っていました
6 北京―私は北京がほんとうに好きだ
7 屋久島―人間が住んでいる島なのかと思えるほどだった
8 落合―この近所で私を知らないものはもぐりだそうでコウエイの至りなのである

出版社
商品紹介

尾道、屋久島、門司、パリほか、林芙美子が人生の節目で旅し、愛した場所を、心はずむ紀行文と写真でたどる。

著者紹介

角田 光代 (カクタ ミツヨ)  
作家。1967年神奈川県生れ。早稲田大学第一文学部卒業。1990年「幸福な遊戯」で海燕新人文学賞を受賞しデビュー。1996年『まどろむ夜のUFO』で野間文芸新人賞、2003年『空中庭園』で婦人公論文芸賞、2005年『対岸の彼女』で直木賞、2006年「ロック母」で川端康成文学賞、2007年『八日目の蝉』で中央公論文芸賞を受賞
橋本 由起子 (ハシモト ユキコ)  
江戸東京博物館学芸員。専門は日本近代文学。1977年東京都生れ。中央大学大学院文学研究科国文学専攻博士前期課程修了(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)