• 本

錨を上げよ 上

出版社名 講談社
出版年月 2010年11月
ISBNコード 978-4-06-216700-0
4-06-216700-X
税込価格 2,090円
頁数・縦 591P 20cm
シリーズ名 錨を上げよ

商品内容

要旨

戦争が終わってちょうど十年目、いまだ空襲の跡が残る大阪の下町に生まれた作田又三。高度経済成長、六十年安保闘争、東京オリンピック、大阪万博、よど号ハイジャック事件、日本列島改造論、石油ショック―激動の昭和の時代、生まれながらの野生児、作田又三は、人生という荒海を渡っていく。いざ、海図なき嵐の海へ。さあ、錨を上げよ!疾風怒濤の2400枚。圧倒的青春小説。

出版社
商品紹介

昭和30年大阪生まれの「作田又三」が、1960年代〜1980年代の日本を冒険。(下)も発売。

おすすめコメント

この男、いったい、何者か。錨を上げよ――疾風怒濤の2400枚。圧倒的青春小説。昭和30年大阪下町生まれ。その名は、作田又三。下品で、ずるくて、しぶとくて、ルール無視でもお構いなし。人生の至る所で敗北を喫しながらも、絶対にへこたれない不屈の男。講談社創業100周年記念出版 大ベストセラー『永遠の0』をはるかに凌ぐ感動! だれも2度と出会えない大傑作!戦争が終わってちょうど10年目、いまだ空襲の跡が残る大阪の下町に生まれた作田又三。高度経済成長、60年安保闘争、東京オリンピック、大阪万博、よど号ハイジャック事件、日本列島改造論、石油ショック――激動の昭和の時代、生まれながらの野生児、作田又三は、人生という荒海を渡っていく。いざ、海図なき嵐の海へ。さあ、錨を上げよ!

著者紹介

百田 尚樹 (ヒャクタ ナオキ)  
1956年大阪生まれ。同志社大学中退。関西の人気番組「探偵!ナイトスクープ」のメイン構成作家となる。2006年『永遠の0』(太田出版)で小説家デビュー。講談社文庫にて刊行され、68万部を突破(’10年11月末現在)する大ベストセラーとなった(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)