• 本

煙火の島の魔法戦士

富士見ファンタジア文庫 み−1−3−7 魔法戦士リウイファーラムの剣

出版社名 KADOKAWA(富士見書房)
出版年月 2011年1月
ISBNコード 978-4-8291-3537-2
4-8291-3537-9
税込価格 638円
頁数・縦 197P 15cm

商品内容

要旨

アレクラスト大陸の西に浮かぶ、氷と火の精霊が混在する島。ヴァンブレードを求め、リウイたちが上陸したのは火山島マウナスだった。求める剣は、“竜の心臓”と呼ばれる火山で、ドワーフたちの溶鉱炉として存在していた。一行がそこを訪れた夜、何者かの手により“竜の心臓”から剣は引き抜かれ、竜司祭の娘・ティカが姿を消した。時を同じくして数名の島民が殺され、竜の仕業だという噂が流れる。「人間はもはや餌。わたしはもう人間であることを捨てたから」島に起こる不可解な事件は、竜に変化したティカの犯行なのか?せめぎ合う炎と氷―、魔法戦士たちの別れの刻は近づく。

出版社・メーカーコメント

炎と氷の精霊がせめぎ合う島で、リウイは再び火竜と相まみえる!リウイたちが訪れたのはアレクラスト大陸の北西に浮かぶ島。〈神の心臓〉と呼ばれる火山に求める聖剣があるらしい。しかし剣は火山が噴火をするのを抑えていて、引き抜くと何が起こるかわからない。どうするリウイ?

著者紹介

水野 良 (ミズノ リョウ)  
1963年7月13日、大阪に生まれ、京都府宇治市育ち、現在神戸在住。小説家・ゲームデザイナー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)