• 本

警察の誕生

集英社新書 0571

出版社名 集英社
出版年月 2010年12月
ISBNコード 978-4-08-720571-8
4-08-720571-1
税込価格 756円
頁数・縦 205P 18cm

商品内容

要旨

警察の歴史をひもとくとき、今日のようなシステムが整うに到るまでには、その道筋は一筋縄ではいかなかった。そこには長い歴史が存在する。ヨーロッパにおける警察組織の発達過程は、王権や教会、都市といった様々な権力機構と不可分の関係にある。ヨーロッパ王朝史研究を専門とする著者が、各時代の独特な捜査法を紹介しつつ、ヨーロッパで近代警察が誕生するまでの背景、更には警察史を通じて見えてくる「新しいヨーロッパ史」を描き出す。

目次

序章 江戸の「警察」組織
第1章 古代ローマ「警察」制度
第2章 中世の「警察」制度
第3章 中世の都市の発展
第4章 嫌われるウィーン市警備隊
第5章 パリ「警察」の成立
第6章 警察大改革前のイギリスの旧警察
第7章 「ありがたき警察」と警察国家
最終章 近代警察の誕生

出版社・メーカーコメント

警察の歴史は、まさに権力の歴史だった!ヨーロッパ王朝史の専門家である菊池氏が、各時代の変わった捜査方法や江戸の警察機構についても言及しつつ、ヨーロッパ史における警察機構の成り立ち、警察と権力の関係を明らかにする。

著者紹介

菊池 良生 (キクチ ヨシオ)  
1948年生まれ。早稲田大学大学院博士課程単位取得退学。明治大学理工学部教授。専攻はオーストリア文学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)