• 本

沈みゆく人 私ファンタジー

出版社名 出版芸術社
出版年月 2010年12月
ISBNコード 978-4-88293-401-1
4-88293-401-9
税込価格 1,512円
頁数・縦 251P 19cm

商品内容

要旨

闘病の妻へ毎日書き続けた『日がわり一話』、その妻が亡くなって8年、その後の話を小説に書き下ろした続編で、『エイやん』や『いいかげんワールド』に続く妻への挽歌でもある。著者の現在の思いを投入した私小説と、一冊の奇妙な本から始まるファンタジーとが絡み合う、“私ファンタジー”とも言える型破りな小説。自身にもわからない未来へと続いてゆく物語。

出版社
商品紹介

最愛の妻を亡くした『日がわり一話』の著者が、その後の10年を書き下ろす。現実と小説が絡み合う奇妙な「私ファンタジー」。

著者紹介

眉村 卓 (マユムラ タク)  
1934年、大阪に生れる。大阪大学経済学部卒。耐火煉瓦会社勤務の傍ら、SF同人誌「宇宙塵」に参加。61年、「SFマガジン」第一回SFコンテストに投じた「下級アイデアマン」が佳作入選し、デビュー。63年、いわゆる日本SF作家第一世代の中で最も早く処女長編「燃える傾斜」を刊行。その後、コピーライターを経て、65年より専業作家となる。企業社会と個人関係をテーマにしたインサイダー文学論を唱え、サラリーマンを描いた作品を書き続ける一方、ショートショートやジュニアSFでも健筆をふるい、絶大な人気を博す(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)