• 本

DTMオーケストラサウンドの作り方 実践的作編曲のテクニック60

出版社名 スタイルノート
出版年月 2011年1月
ISBNコード 978-4-903238-50-0
4-903238-50-4
税込価格 2,200円
頁数・縦 239P 21cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

『音を大きくする本』『新・プロの音プロの技』の著者、音楽制作の第一人者が伝える、新世代オーケストレーションの指南書。華麗なオーケストラの音色を美しく響かせるコツを伝授。より効果的なメロディの作り方、アレンジの方法を60の項目で細かく解説。オリジナル作品を使って、実際に曲がどのように作られ、どのようにアレンジされ生きた音になっていくか、その過程を解説。

目次

第1章 生のオーケストラを考える(第1ヴァイオリン、第2ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバスの5パートを意識して音符を重ねる
ストリングスの音域を考えよう ほか)
第2章 音色作り(アナログシンセ音源でストリングスの音を作る
複数のストリングス音色を重ねてストリングスの音を作る ほか)
第3章 オーケストラアレンジのコツ(ティパニを活用せよ
シンバルを活用せよ ほか)
第4章 実践編・オーケストラの音はこうやって作る(制作方針
メロディ ほか)

著者紹介

永野 光浩 (ナガノ ミツヒロ)  
国立音楽大学作曲科卒。尚美学園短期大学講師、名古屋芸術大学非常勤講師、国立音楽院講師、東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所共同研究プロジェクト研究員等を経て、東海大学非常勤講師、八王子音楽院講師。多くのテレビ番組のタイトル曲やCM曲を創るほか、デパートや複合施設などの環境音楽、航空機内環境音楽等を作曲している。また、多くの作品集も出している。永野音楽研究所代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)