• 本

カラー図解でわかるジェット旅客機の操縦 エアバス機とボーイング機の違いは?自動着陸機能はどういうしくみなの?

サイエンス・アイ新書 SIS−192

出版社名 SBクリエイティブ
出版年月 2011年1月
ISBNコード 978-4-7973-5945-9
4-7973-5945-5
税込価格 1,047円
頁数・縦 222P 18cm

商品内容

要旨

旅行や出張でジェット旅客機に乗ったとき、「パイロットはいったいなにをしているんだろう?」と不思議に思ったことはありませんか?通常、コックピットに立ち入ることはもちろん、見ることすらできませんから、そんな疑問はもっともです。そこで本書では、出発準備から始動、離陸、巡航、降下&進入、着陸、緊急事態への対応に至るまで、パイロットが行うすべての仕事を、詳細なカラー図解で“実況中継”します。

目次

第1章 出発準備―プリフライト
第2章 始動―エンジンスタート
第3章 離陸―テイクオフ
第4章 上昇―クライム
第5章 巡行―クルーズ
第6章 降下&進入―ディセント&アプローチ
第7章 着陸―ランディング
第8章 緊急事態―エマージェンシー

著者紹介

中村 寛治 (ナカムラ カンジ)  
航空解説者。神奈川県横浜市出身。早稲田大学卒。全日本空輸株式会社にて30数年間、ボーイングB727、B747の航空機関士として国内の主要都市、世界10カ国以上、20都市以上の路線に乗務。総飛行時間は14,807時間33分。現在は、エアラインでのフライト経験を生かし、実際に飛行機に乗務していた者から見た飛行機のしくみ、性能、運航などに関する解説や文筆活動を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)