• 本

川あかり

出版社名 双葉社
出版年月 2011年1月
ISBNコード 978-4-575-23714-6
4-575-23714-0
税込価格 1,650円
頁数・縦 331P 20cm

商品内容

要旨

川止めで、木賃宿に逗留し、足止めを食っている若き侍、伊藤七十郎。藩で一番の臆病者と言われる男が、斬れと命じられた相手は、派閥争いの渦中にある家老。家老が江戸から国に入る前を討つ。すでに対岸まで来ているはずだ。川明けを待つ間、思いもかけぬ市井の人々との触れ合い、さらには降って湧いたような災難が続き、気弱な七十郎の心は千々に乱れるが―ひとびとのためにやると決意したのだ、と自分を叱咤した。たとえ、歯が立たない相手であっても、どんなにみっともない結果になろうとも、全力を尽くすのみだ。七十郎は叫びながら刀を抜いた。「それがしは刺客でござる」。

出版社
商品紹介

臆病者ながら刺客の使命を帯びた、伊東七十郎。川止めで、木賃宿の相容れぬ者たちと一緒にいるうち、気持ちの道筋がついていく。

著者紹介

葉室 麟 (ハムロ リン)  
1951年、北九州市小倉生まれ。西南学院大学卒業後、地方紙記者などを経て、2005年『乾山晩愁』で第29回歴史文学賞を受賞し、作家デビュー。07年『銀漢の賦』で第14回松本清張賞を受賞。以後、話題作を次々発表し、09年『いのちなりけり』が直木賞、『秋月記』が直木賞、山本周五郎賞、10年『花や散るらん』が直木賞のそれぞれ候補になる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)