• 本

方丈記徒然草に学ぶ人間学

出版社名 致知出版社
出版年月 2011年1月
ISBNコード 978-4-88474-910-1
4-88474-910-3
税込価格 1,980円
頁数・縦 270P 20cm

商品内容

要旨

日本文学の最高峰が教える生き方の知恵。少しだけ見方を変えれば人生は豊かになる。

目次

第1講 方丈記「ゆく河の流れは…」(日本語は日本人の宝
日本語の素晴らしさ ほか)
第2講 方丈記「憂へなきを楽しみとす」(昔の僧侶の地位
地位と名誉を捨てた僧都 ほか)
第3講 徒然草「つれづれなるままに…」(『方丈記』『徒然草』は遁世文学ではない
地獄、極楽は方便 ほか)
第4講 徒然草「願はしかるべきこと…」(「もののあはれ」とは
生きていることに感謝する ほか)
第5講 徒然草「ともがらに争ふべからず」(まず日本語を身につけること
教養ある人とは ほか)

著者紹介

境野 勝悟 (サカイノ カツノリ)  
昭和7年横浜に生まれる。早稲田大学教育学部国語国文科卒業後、私立栄光学園高等学校で教鞭をとる。昭和45年、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、オランダ、ノルウェー、デンマーク、スウェーデン、スイスなど西欧諸国の教育事情を視察する。昭和48年、栄光学園を退職。「こころの教育」を主題として、大磯にこころの塾・道塾を創設。駒沢大学大学院人文科学研究科・禅学特殊研究博士課程修了。洒脱な人柄と古典に精通した講演は、経営者のみならず、ビジネスマン、主婦層にまで幅広くファンを持つ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)