• 本

ハプスブルク家「美の遺産」を旅する

改訂新版

出版社名 世界文化社
出版年月 2011年2月
ISBNコード 978-4-418-11201-2
4-418-11201-4
税込価格 2,200円
頁数・縦 136P 28cm

商品内容

目次

第1章 ハプスブルク・コレクション 華麗なる王家と美の巨匠たち(肖像画という偉大な遺産 ハプスブルクの女性たち(対談=池田理代子
千足伸行)
個性派揃いのプロフィール ハプスブルクの男たち(文=中野京子) ほか)
第2章 「双頭の鷲」の帝都ウィーン ハプスブルク家の歴史遺産を巡る(マクシミリアン1世
ルドルフ2世 ほか)
第3章 世紀末芸術の宝庫 ウィーン美術散歩(ブルク劇場
分離派会館(セセッシオン) ほか)
第4章 ハプスブルク家の食卓と美味遺産を巡る(女帝マリア・テレジアが愛した稀少なココアと特製オリオスープ
皇妃エリザベートが愛した華麗なスウィーツと搾りたてのミルク ほか)

出版社
商品紹介

ハプスブルク家の645年にわたる歴史を「主な人物別」にたどる。ウィーンの楽しみ方もご紹介。旅への参考書としても活用できる。

著者紹介

南川 三治郎 (ミナミカワ サンジロウ)  
1945年、三重県生まれ。東京写真大学(現・東京工芸大学)卒業。大宅壮一東京マスコミ塾第1期出塾。主にヨーロッパの“人と文化”に焦点を当てて取材活動をするフォトグラフィック・ライター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)