• 本

家族の歌 河野裕子の死を見つめた344日

出版社名 産経新聞出版
出版年月 2011年2月
ISBNコード 978-4-8191-1122-5
4-8191-1122-1
税込価格 1,320円
頁数・縦 185P 19cm

商品内容

要旨

ガンにたおれた妻であり、母である河野裕子と家族が詠んだ歌とエッセー63編。息を引き取るまで、互いの心に手をのべ、絆を確認し合った歌人一家、感涙のドキュメント。

目次

「うん、もうこれでいい」(歌なら本音がいえるから
日々を積み重ねる家
時間の記憶を携えて ほか)
「うちはね、いい家族だと思うのよ」(ごはん
ビール1缶分の“事件”
連歌 ほか)
「お茶にしようか」(あの一言
暗い場所
モラトリアムの秋 ほか)

著者紹介

河野 裕子 (カワノ ユウコ)  
昭和21年熊本県生まれ。京都女子大学卒業。在学中に第15回角川短歌賞受賞。47年、永田和宏と結婚。52年「ひるがほ」で現代歌人協会賞、56年「桜森」で現代女流短歌賞、平成14年「歩く」で若山牧水賞および紫式部文学賞、21年「母系」で斎藤茂吉短歌文学賞および迢空賞、22年「葦舟」で小野市詩歌文学賞他多数。「コスモス」短歌会を経て、「塔」短歌会に入会、選者となる。平成20年から宮中歌会始詠進歌選者。22年8月12日、乳ガンのため死去、64歳
永田 和宏 (ナガタ カズヒロ)  
昭和22年滋賀県生まれ。京都大学卒業。平成9年「華氏」で寺山修司短歌賞、11年「饗庭」で若山牧水賞および読売文学賞、16年「風位」で芸術選奨文部科学大臣賞および迢空賞、20年「後の日々」で斎藤茂吉短歌文学賞、21年、紫綬褒章、22年「日和」で山本健吉文学賞他多数。「塔」短歌会主宰。15年から宮中歌会始詠進歌選者。京都大学名誉教授。現在は京都産業大学総合生命科学部長。理学博士。専門は細胞生物学
永田 淳 (ナガタ ジュン)  
昭和48年滋賀県生まれ。和宏・裕子夫妻の長男。同志社大学卒業。少年のころから短歌に親しみ、「塔」短歌会に入会。大学卒業後、釣り雑誌の記者となるが退社。出版社を立ち上げる。平成21年、第一歌集「1/125秒」で現代歌人集会賞を受賞。現在「青磁社」代表
永田 紅 (ナガタ コウ)  
昭和50年滋賀県生まれ。和宏・裕子夫妻の長女。京都大学大学院博士課程修了、農学博士。12歳の春休み、兄と一緒に「塔」短歌会に入会。平成9年、第8回歌壇賞を受賞。13年第一歌集「日輪」で現代歌人協会賞受賞
植田 裕子 (ウエダ ユウコ)  
昭和49年京都府生まれ。同志社大学卒業。同級生だった永田淳と結婚、現在4児の母。義母の河野裕子に触発されて短歌の世界に。「塔」短歌会入会(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)