• 本

ソーシャルワーカーの力量を高める理論・アプローチ

出版社名 中央法規出版
出版年月 2011年2月
ISBNコード 978-4-8058-3428-2
4-8058-3428-5
税込価格 3,080円
頁数・縦 267P 26cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

ソーシャルワークの理論・アプローチを、事例(物語)や概念図、イラスト、チャートなどを通して、優しく、わかりやすく解説。著名な研究者たちの遺産である理論・アプローチから、人々の抱える問題を深く見つめ、新しい解決方法を模索。

目次

理論・アプローチへの想い
第1部 10の理論・アプローチ(クライエント中心理論・アプローチ
エコロジカル理論・アプローチ
行動理論・アプローチ
認知理論・アプローチ
危機介入理論・アプローチ
問題解決理論・アプローチ
課題中心理論・アプローチ
エンパワメント理論・アプローチ
システム(家族療法)理論・アプローチ
ナラティブ理論・アプローチ)
第2部 理論・アプローチの組み合わせ/様々な理論・アプローチ(子育てに悩む母親へのアプローチ
中途脊髄障害者へのアプローチ
様々な理論・アプローチ)

著者紹介

川村 隆彦 (カワムラ タカヒコ)  
青森県生まれ。ニューヨーク州立大学大学院修士課程修了(Master of Social Work)。現在、神奈川県立保健福祉大学保健福祉学部社会福祉学科准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)