• 本

ウィキリークス アサンジの戦争

出版社名 講談社
出版年月 2011年2月
ISBNコード 978-4-06-216850-2
4-06-216850-2
税込価格 1,980円
頁数・縦 349P 20cm

商品内容

要旨

アサンジに最も早く、最も深く密着した英国『ガーディアン』紙だから暴けた“漏洩”の全真相。アメリカ政府が本気で怯える内部告発サイト・衝撃の全貌。

目次

秘密の館
技術兵の「正義」
ジュリアン・アサンジ
ウィキリークスの誕生
「アパッチ」ビデオ
ラモとの対話
取引
作戦会議室
アフガニスタン戦争報告書
イラン戦争報告書〔

おすすめコメント

アサンジに最も早く、最も深く密着した英国『ガーディアン』紙だから暴けた“漏洩(リーク)”の全真相 アメリカ政府が本気で怯える内部告発サイト・衝撃の全貌 2010年11月、アメリカ国務省の外交公電を一斉に公開し、世界中を驚かせた内部告発サイト「ウィキリークス」。このときリークされた公電の内容がきっかけとなって、チュニジア・エジプトの政変劇につながったとも言われています。そのウィキリークスに最も早くから接触し、アフリカ・イラク戦争の報告書や外交公電のスクープを連発したのが、調査報道を得意とするイギリスの名門リベラル紙「ガーディアン」でした。昔のドラマの刑事のような、昔気質のユニークな新聞記者軍団とジュリアン・アサンジ率いるミステリアスな組織「ウィキリークス」がときには激しく対立し、ときには真摯に協力しながら、世界を大きく変えるほどのスクープ報道を繰り広げていった、その壮大なドラマ、全真相を当事者の「ガーディアン」記者チームが描きます。「ウィキリークス」は何をしたのか? 謎だらけの組織「ウィキリークス」とは何か、はたしてアサンジとは何者なのか、すべてが明らかになります!

著者紹介

リー,デヴィッド (リー,デヴィッド)   Leigh,David
30年以上のキャリアを持つガーディアン紙の敏腕調査エディター。世界第4位、英国最大の防衛関連企業BAEの賄賂疑惑を暴くことに成功、同社に4億ドルにのぼる罰金を支払わせた。最近では、多国籍石油取引企業の大手トラフィギュラ社による有害廃棄物の不法投棄問題で報道賞を受賞している。現在は、シティ大学ロンドンで報道について教鞭を執っている
ハーディング,ルーク (ハーディング,ルーク)   Harding,Luke
数々の受賞歴を誇るガーディアン紙モスクワ特派員。ニューデリー、ベルリン特派員を務めたほか、アフガニスタンやイラクほかの紛争地帯から現地報告するなど、10年以上にわたり同紙で外交問題を担当してきた
月沢 李歌子 (ツキサワ リカコ)  
津田塾大学卒業後、外資系金融機関勤務を経て翻訳家に
島田 楓子 (シマダ フウコ)  
大阪市立大学文学部卒業後、翻訳家に(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)