• 本

孫文と長崎 辛亥革命100周年 写真誌 新装版

出版社名 長崎文献社
出版年月 2011年2月
ISBNコード 978-4-88851-022-6
4-88851-022-9
税込価格 1,100円
頁数・縦 55P 26cm
シリーズ名 孫文と長崎

商品内容

目次

1 長崎の孫文
2 孫文とゆかりのある長崎関係者
3 長崎に亡命した孫文の同志
4 長崎造船所建造の「中山艦」(永豊艦)
5 孫文と長崎華僑
6 孫文の生涯
7 日本亡命中の孫文
8 長崎のなかの中国

出版社・メーカーコメント

長崎における孫文の足跡を貴重な写真と文章で紹介。 長崎の孫文、孫文とゆかりのある長崎関係者、長崎に 亡命した孫文の同志、孫文と長崎華僑、孫文の生涯、 日本亡命中の孫文などについて記す。

著者紹介

横山 宏章 (ヨコヤマ ヒロアキ)  
1944年、山口県下関市生まれ。一橋大学法学部卒業。明治学院大学法学部教授を経て、県立長崎シーボルト大学国際情報学部教授
陳 東華 (チン トウカ)  
1944年長崎市生まれの在日華僑4世、泰益号主・陳世望の孫に当る。長崎華僑時中小学校・海星高校卒業・大阪歯科大学修業。新地町でホテルを経営。長崎中国の交流史の研究、唐人屋敷跡の整備活用を提言、長崎における孫文関係史料の収集などに携わってきた。「長崎華僑」(『長崎華僑物語』)などを執筆。長崎福建会館理事長、長崎中国交流史協会専務理事。泰益興産株式会社(ホテルJALシティ長崎)代表取締役
清島 豊 (キヨシマ ユタカ)  
1951年長崎市生まれ。県立東高等学校卒業。九州産業大学芸術学部卒。長崎大学工学部大学院博士課程中退。サンケイ企画代表。長崎中国交流史協会理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)