• 本

都市の原理 新装版

SD選書 257

出版社名 鹿島出版会
出版年月 2011年3月
ISBNコード 978-4-306-05257-4
4-306-05257-5
税込価格 2,640円
頁数・縦 307P 19cm

商品内容

要旨

ジェイコブズの都市経済論。都市の成長や衰退はどのように起こるのか。都市と農業の関係、産業の分化と多様化の仕組みとは。都市の基本原理を経済学的側面から分析する。

目次

1 初めに都市ありき―そして農村が発展する
2 新しい仕事はいかにして生れるか
3 都市の非能率と非実用性
4 都市の成長はいかにしてはじまるか
5 都市の爆発的成長
6 大都市の輸出要因はいかにして生れるか
7 都市の経済発展と資本
8 将来の発展のパターン

出版社
商品紹介

都市の成長や衰退はどのように起こるのか。都市と農業の関係、産業の分化と多様化の仕組みとは。ジェイコブズの都市経済論、復刻。

著者紹介

ジェイコブズ,ジェイン (ジェイコブズ,ジェイン)   Jacobs,Jane
スクラントン生まれ。都市活動家、都市研究家、作家。1952年から十年間「アーキテクチュラル・フォーラム」誌の編集メンバーとなる。「フォーチュン」誌に掲載された「ダウンタウンは人々のものである」で注目されて『アメリカ大都市の死と生』を執筆。1968年にカナダに移住、同国トロントで他界
中江 利忠 (ナカエ トシタダ)  
1929年千葉市生まれ。53年東京大学社会学科卒業、朝日新聞社入社。東京本社経済部長、取締役東京本社編集局長などを歴任後、1989‐96年代表取締役社長。1991‐95日本新聞協会会長
加賀谷 洋一 (カガヤ ヨウイチ)  
1942年秋田市生まれ。65年慶応大学経済学部卒業。朝日新聞社に入り、同社経済部員、外報部員、シドニー支局長などを経て、2002年定年退社(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)