• 本

プリンセス・トヨトミ

文春文庫 ま24−2

出版社名 文藝春秋
出版年月 2011年4月
ISBNコード 978-4-16-778802-5
4-16-778802-0
税込価格 869円
頁数・縦 554P 16cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全4件

  • 「大阪全停止」には驚かされました。

    さすがは「鹿男」の万城目さん。その発想にはかないません。
    豊臣秀吉以来の大阪城にいったい何が。読んでいてその興味は尽きません。さらに鍵を握る”ちょっとユニークな少年”も。これは万城目さんらしい、とてもローカルな大河ストーリーですが、関西人でなくても面白い作品です。
    やっぱり万城目さんから”目”が離せませんね。

    (2011年5月31日)

  • 大阪城を見る目が変わった!!

    会計検査院の調査官三人が大阪に乗り込んできた。この三人が来たことでこんなことになるなんて・・・前代未聞の大阪全停止。これはある秘密を守る大阪中の人間の戦いだった。愚直な松平容姿端麗のゲーンズブールミラクル?うっかり鳥居VSお好み焼きやのおっちゃん真田その息子?の大輔と幼馴染の茶子。登場人物の個性のぶつかりあいも必見です!!

    (2011年5月23日)

  • 大名の名前がたくさん出てきます。貴方はどれだけわかりますか?

    万城目(まきめ)学さんの本はどれも非常に良い。本書は長篇ですが、読み出すと止まりません。男女問わずにお薦めです。真田父の思いもしっかり息子につたわっており、大阪の女性の強さが簡潔だが非常に良くあらわされています。とにかく一度読んでみてください。必ずや貴方も万城目ファンになります。

    (2011年4月27日)

  • 空前絶後のエンタテインメント小説

    これぞ万城目学。本作を読まずして、万城目を語るなかれ。400年近く大阪で父から息子へと受け継がれてきた口外することも文字に残すことも許されない秘密。それには掛け替えのない親子の想いが含まれている。もうそれに触れただけで涙が止めどなく流れ落ちた。第五章の一節を読むためだけでも購入する価値ありです。ただ個人的に一番の読みどころ・見どころは旭が「シャルロット木下」として大阪府警に赴く場面。もう最高です。

    (2011年4月14日)

他の書店レビューを見る

商品内容

要旨

このことは誰も知らない―四百年の長きにわたる歴史の封印を解いたのは、東京から来た会計検査院の調査官三人と大阪下町育ちの少年少女だった。秘密の扉が開くとき、大阪が全停止する!?万城目ワールド真骨頂、驚天動地のエンターテインメント、ついに始動。特別エッセイ「なんだ坂、こんな坂、ときどき大阪」も巻末収録。

おすすめコメント

このことは誰も知らない――400年の長きにわたる歴史の封印を解いたのは、東京から来た会計検査院の調査官3人と大阪下町育ちの少年少女だった。秘密の扉が開くとき、大阪が全停止する!? 万城目ワールド真骨頂、驚天動地のエンターテインメント、ついに始動。特別エッセイ「なんだ坂、こんな坂、ときどき大阪」も巻末収録。

著者紹介

万城目 学 (マキメ マナブ)  
1976年大阪府生まれ。京都大学法学部卒業。2006年、第4回ボイルドエッグズ新人賞を受賞した『鴨川ホルモー』でデビューすると一躍注目を集め、09年には同作が舞台化・映画化された。07年『鹿男あをによし』が第137回直木賞候補となり、テレビドラマ化。09年『プリンセス・トヨトミ』が第141回直木賞候補となり、11年には映画化(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)