• 本

日本語の語源

増補

平凡社ライブラリー 729

出版社名 平凡社
出版年月 2011年3月
ISBNコード 978-4-582-76729-2
4-582-76729-X
税込価格 1,404円
頁数・縦 257P 16cm

商品内容

要旨

「やさし」「かなし」などの感情を表す言葉の由来をたどりながら、思いつきの珍説を排する、ありうべき語源研究の道筋を明快に説く。「神」の語源論を増補して、名著再登場。

目次

第1部 語源をどう考えるか(名づけの由来
語源の解釈と類推
語源の考え方)
第2部 語源と語義(日本語の感情表現
「やさしさ」の両面―「はにかみ」「はづかし」「やさし」
心のいたみ―「いたはし」「いとほし」「いとはし」
“ことざま”と“こころざま”―「いと」「気の毒」「笑止」
悲哀と愛情―「かなし」「ゆかし」
愛惜の思い―「をし」「あたらし」「勿体なし」
語義から語源へ―「わりなし」)
語源―「神」の語源を中心に(名づけの由来
語源と思考法―「海上」について
語源解釈のはば
神の語源説
クマ―隠れたるもの
カミの成立
カミ(神)とカミ(上))

出版社
商品紹介

「やさしい」は身の痩せる思いをする心の形…。言葉の意外な変転を説得的に辿り語源研究の王道をわかりやすく解説する。解説=内田賢徳。

おすすめコメント

「やさしい」は身の痩せる思いをする心の形……珍説奇説を排しながら、言葉の意外な変転を説得的にたどり、語源研究の王道を解説する。名著の待望の再刊に関連論文を増補。解説=内田賢徳

著者紹介

阪倉 篤義 (サカクラ アツヨシ)  
1917年、京都生まれ。京都帝国大学文学部卒業。京都大学教養部教授、甲南女子大学教授を務めた。専攻、国語学・国文学。1994年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)