• 本

よくわかる学級ファシリテーション 信頼ベースのクラスをつくる 1

かかわりスキル編

出版社名 解放出版社
出版年月 2011年3月
ISBNコード 978-4-7592-2147-3
4-7592-2147-6
税込価格 2,052円
頁数・縦 178P 21cm
シリーズ名 よくわかる学級ファシリテーション

商品内容

目次

はじめに 幸せな子ども時代のために
「信頼ベースのクラス」のある一日
1 子どもの力を信じて引き出す先生=ファシリテーター
2 ファシリテーターのかかわりスキル10か条
3 ファシリテーションの技を磨く
4 最初の1週間を丁寧につくろう
5 1週間後の「クラス目標」のつくり方

出版社・メーカーコメント

学級崩壊にならないためには信頼ベースのクラスづくりが必要。先生=ファシリテーターが子どもの力を引き出すスキル10か条を丁寧に紹介し、ファシリテーションの技(説明、質問、評価、隊形、可視化&可聴化)、最初の1週間および1週間後の「クラス目標」のつくり方も具体的に説明する。どんな学級をめざし、子どもとどうかかわり、学び合うのか、学級経営に悩む教師に必読の入門シリーズ1冊目。

著者紹介

岩瀬 直樹 (イワセ ナオキ)  
1970年生まれ。東京学芸大学卒業。埼玉県狭山市立堀兼小学校教諭。信頼ベースのクラスづくりの実践、「読み」「書き」を中心にワークショップを核とした授業づくりに力を入れている。学びの寺子屋「楽学」主宰。EFC(Educational Future Center)理事
ちょん せいこ (チョン セイコ)  
1965年生まれ。人まちファシリテーション工房。大阪府在住。桃山学院大学卒業後、障がい者の作業所職員、NPO職員を経てファシリテーターになる。ホワイトボード・ミーティングを提唱し、主に会議や研修、事業推進におけるファシリテーター養成に取り組む。トレーニングには、ボランティア、NPO職員、自治体職員、システムエンジニア、ビジネスコンサルタントなど、多様な人が集まる。教育現場でも公開授業や研修を進めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)