• 本

カエル 両生類と水辺の生き物

科学のアルバム・かがやくいのち 7

出版社名 あかね書房
出版年月 2011年3月
ISBNコード 978-4-251-06707-4
4-251-06707-X
税込価格 2,750円
頁数・縦 63P 29cm

商品内容

目次

第1章 カエルがいる水辺(トノサマガエルがいた
後ろあしでじょうずに泳ぐ ほか)
第2章 田んぼやため池の生き物(あさくて暖かい水辺
田んぼにやってくる動物 ほか)
第3章 トノサマガエルのくらし(オスたちの大合唱
メスにだきつくオス ほか)
みてみよう・やってみよう(カエルやおたまじゃくしをみてみよう
おたまじゃくしを飼ってみよう ほか)
かがやくいのち図鑑(アカガエルのなかま
いろいろなカエル)

出版社・メーカーコメント

田んぼや池などでくらすカエは両生類。水中ですごす卵?幼生や、陸に上がりおとなになるときの生活の変化を紹介!

著者紹介

福山 欣司 (フクヤマ キンジ)  
1960年、大分県生まれ。慶應義塾大学准教授。おもな研究分野は動物生態学。両生類の繁殖や生活史を研究するかたわら、野外で両生類を調査する人びとのネットワークであるカエル探偵団を組織して、減少する日本の両生類の保全につとめている
関 慎太郎 (セキ シンタロウ)  
1972年、兵庫県生まれ。自然写真家。水族館飼育員をへて2007年よりフリーランスになる。滋賀県を拠点に、生き物の生態をわかりやすく、おもしろく写真にすることを目標に身近で子どもに人気のある生き物を中心に撮影をつづけてている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)