• 本

アナログ基本回路の設計と製作 簡単な回路の設計から始める Analog circuit design

電子回路設計シリーズ

出版社名 誠文堂新光社
出版年月 2011年3月
ISBNコード 978-4-416-11103-1
4-416-11103-7
税込価格 2,640円
頁数・縦 247P 21cm

商品内容

目次

第1章 ダイオード(ダイオードの基本
ダイオードの種類 ほか)
第2章 トランジスター(NPNとPNP
トランジスターの基本 ほか)
第3章 FET(FETの種類
FETの基本 ほか)
第4章 オペアンプ(オペアンプの基本
非反転増幅回路 ほか)
第5章 コンパレーター(コンパレーターの基本
基本的な使い方 ほか)

出版社
商品紹介

デジタル回路を設計するにはアナログ回路の知識が欠かせない。不変的なアナログ回路の基礎知識、増幅素子の動作等をまとめた実践書。

著者紹介

市川 裕一 (イチカワ ユウイチ)  
アイラボラトリー代表。1963年群馬県南牧村に生まれる。1985年群馬大学工学部電子工学科卒業後、高周波回路/マイクロ波回路の開発・設計に従事。1999年独立開業。高周波回路/マイクロ波回路の受託設計・開発・試作を開始。2008年群馬アナログカレッジ講師(高周波回路)。現在、高周波回路/マイクロ波回路の受託設計・開発・試作、コンサルティング業務、セミナー講師に従事。専門は高周波回路/マイクロ波回路設計、技術指導、教育、講演(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)