• 本

ガリバー旅行記

角川文庫 ス18−1

出版社名 角川書店
出版年月 2011年3月
ISBNコード 978-4-04-298218-0
4-04-298218-2
税込価格 691円
頁数・縦 461P 15cm

商品内容

要旨

小人たちの国、巨人たちの国、空飛ぶ島の国、馬たちの国…イギリスに妻子を残し、懲りずに旅を続けたガリバー。彼が出会ったおとぎの国々を、誰もが一度は夢見たことがあるだろう。子供の心と想像力で、スウィフトが描いたこの奇想天外、ユーモアあふれる冒険譚は、けれどとびきり鋭く辛辣に、人間と現実社会をみつめている。読むたび発見を新たにする、冒険旅行小説の歴史的名著。抜群に読みやすい新訳版。

著者紹介

スウィフト,ジョナサン (スウィフト,ジョナサン)   Swift,Jonathan
1667‐1745。イギリスの小説家、ジャーナリスト、詩人。アイルランド生まれ。ダブリン大学を卒業後に渡英、政治家テンプルの秘書となり国政の様々を学び、文筆の才を養う。29歳で処女作『桶物語』を執筆。テンプルの没後ダブリンに戻り司祭の職に就き、イングランド政界との繋がりを生かしてアイルランド教会のために奔走する。1720年代に入ると文学者として名を馳せ、風刺色の強い作品を発表しながら着想をえた『ガリバー旅行記』を書き上げ、世界的な成功を収める
山田 蘭 (ヤマダ ラン)  
英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)