• 本

はじめての金融理論 演習問題&解答・解説付き

出版社名 中央経済社
出版年月 2011年4月
ISBNコード 978-4-502-68460-9
4-502-68460-0
税込価格 2,860円
頁数・縦 241P 21cm

商品内容

要旨

大学で初めて金融論を学ぶ学生を対象とした入門レベルの教科書。

目次

1 金融の基礎(金融の役割
金融の方法と金融市場
貨幣
日本銀行
日本の金融機関
預金通貨と信用創造
信用乗数
利子と利子率
債券価格と投資収益率
株価と株式の投資収益率
会計の金融行動
企業の金融行動
為替レートとは)
2 金融のマクロ理論(マクロ経済学の基礎概念
国民所得の決定
国民所得と利子率の関係―IS曲線の導出
貨幣の需要
国民所得と利子率の関係
財政政策と金融政策の効果
物価と国民所得の決定
インフレ率と総供給・総需要の関係
短期および長期均衡と金融政策
開放経済における国民書t区の決定と乗数効果
為替制度と為替介入
マンデル=フレミング・モデルと為替制度および為替介入
日銀の金融政策)

著者紹介

吉田 真理子 (ヨシダ マリコ)  
慶応義塾大学経済学部卒業。慶応義塾大学大学院経済学研究科博士課程修了。現在、武蔵大学経済学部教授
大野 早苗 (オオノ サナエ)  
一橋大学商学部卒業。一橋大学大学院商学研究科博士後期課程単位取得。現在、武蔵大学経済学部教授。博士(商学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)