• 本

菓子司・末富「京菓子の世界」

出版社名 世界文化社
出版年月 2011年4月
ISBNコード 978-4-418-11302-6
4-418-11302-9
税込価格 3,240円
頁数・縦 136P 28cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

当代随一の和菓子のプロフェッショナル、菓子司「末富」主人・山口富藏氏の創作の世界を俯瞰する一冊。和の心が輝く“京菓子の世界”への誘い。

目次

第1章 自然を写す(京菓子で巡る花名所
春 ほか)
第2章 独創的な菓子の世界(心入れを凝縮させて 利休の菓子
陽明文庫収蔵江戸期の和菓子を再現 京都「近衞家の菓子帖」から ほか)
第3章 茶の心を菓子に生かす(「蒸菓子(生菓子)」と「干菓子」
記念日の祝い菓子 ほか)
第4章 繰り返したい作り方(末富に習う作ってみたい定番和菓子
京菓子の言葉)

出版社
商品紹介

和菓子の伝統と革新。重鎮、山口富蔵のクリエイションの「美の世界を集大成」した1冊。

著者紹介

山口 富藏 (ヤマグチ トミゾウ)  
1937年、京都市生まれ。関西学院大学経済学部卒業後、菓子司「末富」三代目主人となり、茶道御家元、京都寺社仏閣の御用を務める。伝統を受け継ぎながら、クラシック音楽をイメージした創作菓子を発表するなど新たな京菓子の世界を拓いている。テレビや新聞・雑誌、各地の市民講座など幅広い分野で活躍。現在、同志社大学、京都精華大学、京都造形芸術大学、関西学院大学で文化論の講義をもち、京華子を通じて日本の心を伝えている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)