• 本

世界の宗教がざっくりわかる

新潮新書 415

出版社名 新潮社
出版年月 2011年4月
ISBNコード 978-4-10-610415-2
4-10-610415-6
税込価格 792円
頁数・縦 221P 18cm

商品内容

要旨

経済がグローバル化し、科学が進歩した世界においてなお、宗教の存在感は増す一方である。宗教を知ることなしに、政治や経済、事件の本質を理解することはかなわない。しかも、ひとつひとつの宗教を別個に捉えていては何も見えてこない。キリスト教、ユダヤ教、イスラム教、仏教等、それぞれの歴史、教義、関係性を一気に学んでこそ、私たちは全体像を得ることができるのだ―現代人のための宗教ナビゲーション。

目次

1 一神教と多神教は対立するか―一神教の系譜(ユダヤ教
キリスト教 ほか)
2 仏教はなぜヒンズー教に負けたのか―アジアの宗教(バラモン教
仏教 ほか)
3 日本人は「無宗教」か―日本の宗教(特異な伝統の裏返し
中国の最新流行に学ぶ ほか)
終 いま世界の宗教は(宗教回帰の時代
クリスチャン=原理主義 ほか)

おすすめコメント

教義は? 歴史は? 互いの関係は? 丸ごと一気に頭に入る。現代人必携の宗教ナビ!経済がグローバル化し、科学が進歩した世界においてなお、宗教の存在感は増す一方である。宗教を知ることなしに、政治や経済、事件の本質を理解することはかなわない。しかも、ひとつひとつの宗教を別個に捉えていては何も見えてこない。キリスト教、ユダヤ教、イスラム教、仏教等、それぞれの歴史、教義、関係性を一気に学んでこそ、私たちは全体像を得ることができるのだ――現代人のための宗教ナビゲーション。

著者紹介

島田 裕巳 (シマダ ヒロミ)  
1953(昭和28)年東京生まれ。宗教学者、文筆家。東京大学人文科学研究科博士課程修了。日本女子大学教授、東京大学特任研究員を歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)