• 本

体系現代会計学 第5巻

企業会計と法制度

出版社名 中央経済社
出版年月 2011年4月
ISBNコード 978-4-502-23810-9
4-502-23810-4
税込価格 5,400円
頁数・縦 567P 22cm
シリーズ名 体系現代会計学

商品内容

要旨

企業会計制度の現況を、法令・制度と関係に焦点を当て、歴史的・制度比較的・理論的に明らかにする。

目次

第1部 商法・会社法と企業会計(商法・会社法会計の展開
会社法会計の現状と課題 ほか)
第2部 金融商品取引法と企業会計(投資者保護法制の展開と会計理論の変容
資金計算書発展の論理構造―歴史と理論の接合 ほか)
第3部 法人税法と企業会計(税務会計の展開
税務会計の現状と課題 ほか)
第4部 各種業法その他の規制と企業会計(建設業の会計
海運業の会計―産業政策と収益認識基準の関係を中心に ほか)

出版社
商品紹介

企業会計制度の現況を,法令・規制との関係に焦点を当て,歴史的・制度比較的・理論的に検討。

著者紹介

安藤 英義 (アンドウ ヒデヨシ)  
1943年生まれ。一橋大学大学院商学研究科博士後期課程単位修得。現在、専修大学商学部教授・一橋大学名誉教授。商学博士
古賀 智敏 (コガ チトシ)  
1947年生まれ。神戸大学大学院経営学研究科修士課程修了。現在、同志社大学商学部特別客員教授・神戸大学名誉教授。博士(経営学)
田中 建二 (タナカ ケンジ)  
1947年生まれ。早稲田大学大学院商学研究科博士課程単位取得退学。現在、明治大学専門職大学院会計専門職研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)