• 本

3.11クライシス!

出版社名 マガジンハウス
出版年月 2011年4月
ISBNコード 978-4-8387-2263-1
4-8387-2263-X
税込価格 1,430円
頁数・縦 263P 19cm

商品内容

要旨

2011年3月11日14時46分、東北地方でマグニチュード9.0の地震発生。その直後、巨大津波が太平洋沿岸地域を襲い、福島原子力発電所で放射性物質が漏れ始めた。死者・行方不明者の増大、建物の損壊、ライフライン寸断、液状化、電力不足…時々刻々と変わる状況と膨らむ不安の中で、稀代の論客が震災後3週間にわたって発信し続けた記録のすべて。

目次

1 ライブドアニュース「佐藤優の眼光紙背」より(国家翼賛体制の確立を!
大和魂で菅直人首相を支えよ
福島原発に関する報道協定を結べ
頑張れ東京電力! ほか)
2 新聞・雑誌論考より(今こそ翼賛体制を確立せよ!
危機管理の要諦はリスクを恐れないこと
頑張れ!東京電力
東日本大震災 ほか)

著者紹介

佐藤 優 (サトウ マサル)  
1960年、東京都生まれ。同志社大学大学院神学研究科修士課程修了後、外務省入省。分析のエキスパートとして活躍し、対ロシア外交の最前線で活躍。「戦後最強の外交官」「外務省のラスプーチン」などの異名をとる。2002年5月、背任容疑で逮捕。東京拘置所に512日間勾留される。逮捕の後も辞職はせず、最高裁で有罪(懲役2年6カ月、執行猶予4カ月)が確定し、’09年7月に失職するまでの執筆時の肩書きは「起訴休職外務事務官」。’05年に発表した『国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて―』(新潮社)で第59回毎日出版文化賞特別賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)