• 本

日本復興計画

出版社名 文藝春秋
出版年月 2011年4月
ISBNコード 978-4-16-374220-5
4-16-374220-4
税込価格 1,257円
頁数・縦 126P 20cm

商品内容

要旨

今ほど日本人にとって、全体の冷静な事実認識と、そのうえにたった短期・長期双方の見通しが望まれているときはないだろう。2011年3月11日、日本を襲ったマグニチュード9.0の地震とそれに続いた大津波、それによる居住区の破壊、工場群の被災、インフラの破断、そして福島第一原発のチェルノブイリ原発事故に並ぶレベル7の災害。この本は、これらの危機・破壊がなぜ起こったかという事実認識と、そのうえにたった短期・長期の復興の道筋を考えてみようというものである。

目次

第1章 これで原子力の時代は終わった
第2章 三分の二に縮小する生活
第3章 日本復興計画

おすすめコメント

東日本大震災からわずか2日後の解説映像が大評判になり、YouTubeでの再生は50万回を超えました。それもそのはず、大前氏はMITで原子力工学の博士号を取得、日立製作所で原子力プラントを設計していたのです。さらに国家コンサルタントとしての視点から、復興の財源、エネルギー問題、外交政策などについて緊急提言します。なお、売上げの12%が震災復興のために使われます。まずは私たちから「新しい、もっと強い日本」への第一歩を。

著者紹介

大前 研一 (オオマエ ケンイチ)  
1943年福岡県生まれ。早稲田大学理工学部卒業後、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号を取得。マンハッタン計画に携わった科学者が多数在籍していたマサチューセッツ工科大学(MIT)大学院に移り、原子力工学科で博士号を取得。日立製作所に入社し、原子炉プラントの設計に携わる。72年、マッキンゼー・アンド・カンパニー・インク入社。日本支社長、アジア太平洋地区会長を務める。92年に政策市民集団「平成維新の会」を設立する以前から、日本国の設計ビジョンを提言(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)