• 本

ムーミン谷の夏まつり 新装版

講談社文庫 や16−12

出版社名 講談社
出版年月 2011年5月
ISBNコード 978-4-06-276935-8
4-06-276935-2
税込価格 660円
頁数・縦 244P 15cm
シリーズ名 ムーミン谷の夏まつり

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 火山が噴火し、大水で家は流され、子どもたちは家族と離れ離れになり、となんとも恐ろしい設定です。あのかわいいキャラクターしか知らずに読むと、え、こんな話だったの!?と衝撃があるでしょう。

    旧版で訳者が「もし、おもしろくなかったら、この本をだいじにしまっておいて、大きくなってから、もう一度読んでください。」と解説している通り、大人向けのファンタジーです。

    シニカルでありながらも愛のあるキャラクター描写、ファンタジーとは夢物語ではなく、切実な物語であるということが伝わってきます。

    「じぶんの友だちが、それぞれその人にぴったりしたことができるようになるのは、うれしいものでしょう?」というムーミンママのことばがこの本のテーマを表しています。(り)

    (2014年12月6日)

商品内容

要旨

ジャスミンの香りにつつまれた六月の美しいムーミン谷をおそった火山の噴火。大水がおしよせてきて、ムーミン一家や動物たちは流され、ちょうど流れてきた劇場に移り住むことにした。ところが、劇場を知らないみんなが劇をはじめることになって…。国際アンデルセン大賞受賞作家の楽しいファンタジー。

著者紹介

ヤンソン (ヤンソン)   Jansson,Tove
1914年フィンランドの首都ヘルシンキ生まれ。ストックホルムとパリで絵を学ぶ。1948年に出版した「たのしいムーミン一家」が世界じゅうで大評判となり、以降「ムーミンパパの思い出」「ムーミン谷の夏まつり」「ムーミン谷の冬」など、一連の傑作を書いた。2001年6月没
下村 隆一 (シモムラ リュウイチ)  
1928年大阪市生まれ。東京大学経済学部を病気のため中退。北欧児童文学の翻訳家として活躍したが、1969年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)