• 本

現地発エジプト革命 中東民主化のゆくえ

岩波ブックレット No.809

出版社名 岩波書店
出版年月 2011年5月
ISBNコード 978-4-00-270809-6
4-00-270809-8
税込価格 540円
頁数・縦 63P 21cm

商品内容

要旨

民主化を求めるデモの開始から三週間弱で、ムバラク大統領を退陣に追い込んだ「エジプト革命」。世界が固唾をのんでみまもった運動の最中、エジプトの人々は何を考え、どのように行動したのか。そして今後のゆくえは―長年中東情勢の取材を続けてきた新聞記者が、現地からリアルタイムで発信し続けた「緊急報告」。

目次

プロローグ
1 終わりの始まり
2 軍の出動
3 カイロ・タハリール広場
4 新しい歴史の始まり
5 革命成就
エピローグ

出版社
商品紹介

民主化運動の中、人々は何を考え、どのように行動したのか。現地で取材を続けた新聞記者による「緊急報告」。

著者紹介

川上 泰徳 (カワカミ ヤスノリ)  
朝日新聞編集委員(中東駐在)。長崎県生まれ。大阪外国語大学アラビア語科卒。朝日新聞高知支局、横浜支局、学芸部を経て、1994年、中東アフリカ総局員(カイロ)、2001年、エルサレム支局長を経て、2002年、中東アフリカ総局長、2006年4月から編集委員。2009年10月よりエジプト・アレクサンドリアを拠点に中東駐在。パレスチナ報道で、2002年度ボーン・上田記念国際記者賞。2010年6月より「Asahi中東マガジン」編集人(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)