• 本

夕映え天使

新潮文庫 あ−47−5

出版社名 新潮社
出版年月 2011年7月
ISBNコード 978-4-10-101926-0
4-10-101926-6
税込価格 649円
頁数・縦 307P 16cm

商品内容

要旨

東京の片隅で、中年店主が老いた父親を抱えながらほそぼそとやっている中華料理屋「昭和軒」。そこへ、住み込みで働きたいと、わけありげな女性があらわれ…「夕映え天使」。定年を目前に控え、三陸へひとり旅に出た警官。漁師町で寒さしのぎと喫茶店へ入るが、目の前で珈琲を淹れている男は、交番の手配書で見慣れたあの…「琥珀」。人生の喜怒哀楽が、心に沁みいる六篇。

おすすめコメント

深く心にしみる人生の喜怒哀楽。読後にじわじわ効いてくるこの感動が短篇小説の醍醐味だ! 愛と涙の六つの物語。東京の片隅で、中年店主が老いた父親を抱えながらほそぼそとやっている中華料理屋「昭和軒」。そこへ、住み込みで働きたいと、わけありげな女性があらわれ……「夕映え天使」。定年を目前に控え、三陸へひとり旅に出た警官。漁師町で寒さしのぎと喫茶店へ入るが、目の前で珈琲を淹れている男は、交番の手配書で見慣れたあの……「琥珀」。人生の喜怒哀楽が、心に沁みいる六篇。

著者紹介

浅田 次郎 (アサダ ジロウ)  
1951(昭和26)年、東京生れ。’95(平成7)年『地下鉄に乗って』で吉川英治文学新人賞、’97年『鉄道員』で直木賞、2000年『壬生義士伝』で柴田錬三郎賞、’07年『お腹召しませ』で司馬遼太郎賞、’08年『中原の虹』で吉川英治文学賞、’10年『終わらざる夏』で毎日出版文化賞をそれぞれ受賞した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)