• 本

疲れない体をつくる「和」の身体作法 能に学ぶ深層筋エクササイズ

祥伝社黄金文庫 Gや13−1

出版社名 祥伝社
出版年月 2011年6月
ISBNコード 978-4-396-31545-0
4-396-31545-7
税込価格 618円
頁数・縦 252P 16cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

600年前に完成された日本の伝統芸能「能」と、アメリカで開発された最新のボディワーク「ロルフィング」に共通性があることを見出した著者。能楽師が高齢になっても現役でいられる秘密を「体のバランス」と「深層筋の働き」にあると言及、誰にもできるエクササイズを提案する。

目次

1章 能楽師は、なぜ高齢でも現役でいられるのか?(「能」の身体作法の秘密
世阿弥の教え「体と用」―「力を抜いたまま強弓を引け」
「能」に見る心と体の関連性)
2章 「和」の視点から知る、体の秘密(私たちの体も「陰と陽」でつくられている
陰陽から、私たちの体を知る
陽の背、陰の腹から知る日本人の体)
3章 ロルフィングで体をゆるめる(楽な体をつくる「ロルフィング」
体がゆるむメカニズム)
4章 疲れない体を能の動きから習得する(「腹」を活性化させる身体作法
大腰筋を活性化させる身体作法
「背」を活性化させる能の動き)

出版社・メーカーコメント

「能」の動きは脳と体に効く! なぜ、能楽師は80歳でも現役でいられるのか? 「和」の知恵と「洋」の知識で快適な体を取り戻す! ●サムライの身体作法を今に伝える能 ●世阿弥(ぜあみ)の教え「体(たい)と用(ゆう)」 ●陰の筋肉、陽の筋肉 ●楽な体をつくる「ロルフィング」 ●体がゆるむメカニズム ●能の動きが脳に効く ●昔の日本人に腰痛が少なかった理由 ●和の呼吸の基本=腹式呼吸 600年前に完成された日本の伝統芸能「能」と、アメリカで開発された最新のボディワーク「ロルフィング」に共通性があることを見出した著者。能楽師が高齢になっても現役でいられる秘密を「体のバランス」と「深層筋の働き」にあると言及、誰にもできるエクササイズを提案する!

著者紹介

安田 登 (ヤスダ ノボル)  
1956年、千葉県生まれ。下掛宝生流ワキ万能楽師であり、日本で数少ない米国Rolf Institute公認ロルファーの一人。ワキ方の重鎮、鏑木岑男師の謡に衝撃を受け、20代後半で入門。現在は、国内外を問わず多くの舞台を勤めるほか、小学校をはじめとする学校での能の特別授業など、さまざまな形で能のワークショップを行なう。朝日カルチャーセンター講師、「日本と東アジアの未来を考える委員会」企画委員も務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)