• 本

響きの科楽 ベートーベンからビートルズまで

出版社名 早川書房
出版年月 2011年6月
ISBNコード 978-4-15-209214-4
4-15-209214-9
税込価格 2,530円
頁数・縦 351P 20cm

商品内容

要旨

音楽を耳にすると、どうして踊ったり泣いたりしたくなるのだろう?楽器が奏でられると、どんな現象が起きるのか?そもそも、音楽とはいったい何なのだろう?ミュージシャンとして作曲と演奏をこよなく愛する物理学者が、科学とユーモアを駆使して妙なる音色の秘密に迫る。音と楽器のしくみから、絶対音感の正体、クラシックとポップスの作曲技法のちがい、ベートーベン「月光」とレッド・ツェッペリン「天国への階段」の共通点、初心者もバッチリの楽器習得法まで、クラシックもヘビーメタルも映画音楽も俎上にのせて語り尽くす。楽譜が苦手なファンからプロの音楽家まで誰もが楽しめ、音楽の喜びがぐんと深まる名講義。

目次

音楽とはいったい何なのか?
絶対音感とは何か?わたしにもある?
音と雑音
木琴とサクソフォーン―同じ音でも響きがちがう
楽器の話
どれくらい大きいと大きいのか
和声と不協和音
音階の比較考察
自信にあふれた長調と情緒的な短調
リズム
音楽を作る
音楽を聴く
やっかいな詳細(音程の名前と見分け方
デシベル方式
楽器を五音階に調律する
等分平均律の計算
長調の音)

出版社
商品紹介

なぜ音楽は楽しいか? オペラとパンクの共通点、効果的な楽器習得法など、クラシックからポップスまでを科学とユーモアで語り尽くす。

著者紹介

パウエル,ジョン (パウエル,ジョン)   Powell,John
シェフィールド大学で作曲の修士号を、インペリアル・カレッジ・ロンドンで物理学の博士号を取得。ノッティンガム大学とルレオ大学(スウェーデン)で物理学を、シェフィールド大学で音楽音響学を教える。イングランド、ノッティンガム在住
小野木 明恵 (オノキ アキエ)  
翻訳家。大阪外国語大学英語学科卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)