• 本

科学的とはどういう意味か

幻冬舎新書 も−7−1

出版社名 幻冬舎
出版年月 2011年6月
ISBNコード 978-4-344-98220-8
4-344-98220-7
税込価格 821円
頁数・縦 197P 18cm

商品内容

要旨

科学―誰もが知る言葉だが、それが何かを明確に答えられる人は少ない。しばしば「自然の猛威の前で人間は無力だ」という。これは油断への訓誡としては正しい。しかし自然の猛威から生命を守ることは可能だし、それができるのは科学や技術しかない。また「発展しすぎた科学が環境を破壊し、人間は真の幸せを見失った」ともいう。だが環境破壊の原因は科学でなく経済である。俗説や占い、オカルトなど非科学が横行し、理数離れが進む中、もはや科学は好き嫌いでは語れない。個人レベルの「身を守る力」としての科学的な知識や考え方と何か―。

目次

第1章 何故、科学から逃げようとするのか(いつから避けるようになったのか
向いていないと思い込む ほか)
第2章 科学的というのはどういう方法か(科学と非科学
非科学的な習慣 ほか)
第3章 科学的であるにはどうすれば良いのか(「割り切り」という単純化
科学は常に安全を求める ほか)
第4章 科学とともにあるという認識の大切さ(ごく普通に接すれば良い
数字にもう少し目を留めてみよう ほか)

著者紹介

森 博嗣 (モリ ヒロシ)  
1957年、愛知県生まれ。小説家、工学博士。国立N大学工学部建築学科で研究をする傍ら96年に『すべてがFになる』で第一回メフィスト賞を受賞し、作家デビュー。以後、次々と作品を発表し、人気作家として不動の地位を築く(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)