• 本

謎だらけ日本の神さま仏さま

新人物文庫 や−5−1

出版社名 KADOKAWA(新人物往来社)
出版年月 2011年7月
ISBNコード 978-4-404-04041-1
4-404-04041-5
税込価格 734円
頁数・縦 318P 15cm

商品内容

要旨

本書では、神さまと仏さまの驚くべきルーツと履歴、ご利益を明らかにします。「恵比須さまの原型は異邦人」「大黒天は元は破壊神だった」「恐ろしい閻魔さまは天国の主だった」などの驚きの事実から、「富士山の神である浅間さまが安産の神であるのはなぜか」「薬師如来のご利益が具体的なのはなぜか」などの素朴な疑問まで、この一冊ですべてわかります。

目次

第1章 七福神(恵比須―魚業と商売の神さまの原型は「異邦人」?!
大黒天―商売繁盛の神さまは破壊神だった! ほか)
第2章 記紀と民間信仰の神(お稲荷さん―狐は神の使い?それともジャッカル?
熊野権現―強力な神さまが揃う「三社連合」 ほか)
第3章 神になった人たち(八幡さま―天皇家と武家が深く信仰した理由
小野神社―小野氏の氏神はお菓子業界の最高権威! ほか)
第4章 如来と菩薩(お釈迦さま―仏教の開祖の生涯は驚くべき伝説のオンパレード
阿弥陀さま―すべての人々を極楽浄土に導いてくれる理由 ほか)
第5章 明王と天部(お不動さん―平将門の乱も鎮めた?!明王の代表格
愛染明王―真言を三十万回唱えるとすべての人から愛される ほか)

著者紹介

山下 昌也 (ヤマシタ マサヤ)  
高知県生まれ。中央大学商学部卒業。数多くの史料を渉猟して歴史読み物を発表している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)