• 本

風の中のマリア

講談社文庫 ひ43−3

出版社名 講談社
出版年月 2011年7月
ISBNコード 978-4-06-276921-1
4-06-276921-2
税込価格 605円
頁数・縦 313P 15cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全15件

  • 主人公は、オオスズメバチのマリア。この本に、人間は登場しません。
    マリアの暮らす、オオスズメバチの帝国を舞台にした、マリアのわずか30日の一生を綴った一冊です。
    規模が小さいと侮るなかれ。百田さんの文章力のなせる業でしょうか、開始数ページで、私たちも昆虫の世界に引きずり込まれます。
    そこには壮大な昆虫たちの命のドラマがありました。
    昆虫に詳しくなくても大丈夫!物語を理解するのに必要な情報も、分かりやすく説明されています。
    楽しんで読めて、ちょっと物知りになれる、一石二鳥な本です。きっと誰かに喋りたくなるはず。
    生物に興味のある方には、特にお勧めです。

    (2015年12月11日)

  • まさかオオスズメバチに感情移入するとは!?
    ぐぐっとひきこまれてしまいます。
    オオスズメバチの話ですが、ここには一人の戦う女性がいます。

    (2013年12月6日)

  • 主人公がオオスズメバチという一風変わった小説です。短い命ながらも、帝国のために生きるマリアの姿がドラマチックに描かれています。また、ハチの生態について学術的にも触れており、きっとハチに対する認識が変わるはずです。

    (2013年12月6日)

  • 「私たちは何の為に生まれてきたの?」
    自然という厳しさの中で生きることの使命。オオスズメバチ・マリアの一生が
    胸を熱くさせます!
    読み進めるうちにページをめくる手が止まらなくなること必至です!

    (2013年12月6日)

  • オオスズメバチの帝国の戦士マリア。
    わずか30日の命の中で一生を「偉大なる母」のために戦い抜く。
    蜂の視点でとらえたその圧倒的な世界観に感動です!
    女性にもオススメの作品です。

    (2013年12月5日)

  • オオスズメバチ達の物語。
    自分たちの帝国を未来へ繋ぐために、全てを捧げて戦い続ける主人公マリアの熱い30日の一生は見るもの全てを感動させます。
    百田先生により調べ上げられ生み出された臨場感あふれた描写が、読者を昆虫の世界に引き込みます。オニヤンマがスズメバチの天敵であることなど他の昆虫の生態についても学べます。
    駆除のニュースで取り上げられることの多いオオスズメバチ達が、こんな一生を送っていたのかと考えさせられた1冊です。

    (2013年12月5日)

  • 虫の擬人化・・・?と安易な先入観を持って読んでいたら痛い目に遭いました!
    読み進めるごとに引き込まれ、読者や物語の観客としてでなく、同じスズメバチの仲間としてストーリーを追うような感覚を味わいました。
    マリアのひたむきな生き様を、どうぞおなたも伴走者として味わってください。

    (2013年12月5日)

  • 主人公「マリア」とは何者なのか、は読み始めたらすぐに分かりますが、人間ではない彼らの生きる様も、我々となんら変わらずその世界の中で「マリア」の日々の営みがとても熱く、面白い読み物となっています。引き込まれる物語性は、作家百田尚樹のパワーを感じさせる一冊です。

    (2013年12月5日)

  • オオスズメバチであるマリアの一生は30日。その限られた命の中で壮絶な戦いを乗り越え、自らの使命を果たそうとするマリアの生き様に心を打たれること間違いなしです。

    (2013年12月5日)

  • …面白い!今まで虫たちをじっくり見てこなかったけれど、もしかしたら彼らも、こんな風に色々な想いを抱えながら生きているのかもしれない。読み終わった後に、昆虫についての知識がついているのも何だか嬉しい。

    (2013年12月5日)

  • まさか!!と最初に思わせるこの作品。
    タイトルからオオスズメバチの話だとは想像もつきません。
    オオスズメバチの帝国を舞台にしたこの作品。
    まるで西洋を舞台にした話のように、話は進んでいきます。

    物語でもあり、オオスズメバチの生態に基づいた科学的読み物のようでもあり、
    読者に知識と面白さを与える作品です。

    (2013年12月5日)

  • メスのオオスズメバチ「マリア」の一生を描いた作品。
    まず、主人公がハチというのが面白い。
    もし、私がハチだったら・・・。
    なかなかそんなことを考えたことがある人はいないと思う。
    生きる為、自分達の「種」を残す為、
    必死に戦い続ける勇敢な戦士の物語。

    (2013年12月5日)

  • 主人公が蜂!まさに蜂!虫が苦手な方にはおススメできません。
    彼らが生きている様が目の前で展開しますので。
    けれど、大丈夫、という方には是非読んで欲しい。
    オオスズメバチの戦士として生まれたマリア。恋もせず、子も産まず、
    ひたすらに戦い続ける。擬人化というレベルを超えて、
    生きる、ということの熱さを感じさせてくれます。
    それから主人公ではないですが、ニホンミツバチのまさに命をかけた戦いには
    感涙必至です。

    (2013年11月18日)

  • スズメバチの知られざる世界へ

    ここ数年、ニュース番組で必ず放送されていつスズメバチ被害のニュース。夏の風物詩になりつつあります。
    この本は、できればお近づきになりたくない彼らの物語です。
    読んでしまったら、スズメバチが怖い虫からカッコイイ虫に変わること間違いなし!!(hori)

    (2013年7月15日)

  • 「永遠の0」と並ぶはいいすぎでしょう。

    生意気ですがそれなりには良い作品でした。ただ「永遠の0」と比べるとかなり劣るのではないでしょうか。講談社さんちょっとオーバーです。視点を蜂の一生に置いたところはなかなか素晴らしいですね。しかし、えさを確保するための残虐の繰り返しは生きるためとはいえ読者を引かせてしまいませんか?

    (2011年8月10日)

他の書店レビューを見る

商品内容

要旨

命はわずか三十日。ここはオオスズメバチの帝国だ。晩夏、隆盛を極めた帝国に生まれた戦士、マリア。幼い妹たちと「偉大なる母」のため、恋もせず、子も産まず、命を燃やして戦い続ける。ある日出逢ったオスバチから告げられた自らの宿命。永遠に続くと思われた帝国に影が射し始める。著者の新たな代表作。

おすすめコメント

命はたった三十日。戦うことに迷っている暇なんてない。『永遠の0(ゼロ)』と並ぶ、最高の感動作!命はわずか三十日。ここはオオスズメバチの帝国だ。晩夏、隆盛を極めた帝国に生まれた戦士、マリア。幼い妹たちと「偉大なる母」のため、恋もせず、子も産まず、命を燃やして戦い続ける。ある日出逢ったオスバチから告げられた自らの宿命。永遠に続くと思われた帝国に影が射し始める。著者の新たな代表作。私たちはただ務めを果たすだけ。ある日、突然やってくる終わりの日まで。ワーカー(ハタラキバチ)は、現代で働く女性のように。女王バチは、仕事と子育てに追われる母のように。この物語は、「たかがハチ」と切り捨てられない何かを持っている。「世界が広がるはずですよ」(養老孟司―解説より―)

著者紹介

百田 尚樹 (ヒャクタ ナオキ)  
1956年、大阪生まれ。同志社大学中退。放送作家として人気番組「探偵!ナイトスクープ」など多数を構成。2006年、太田出版より刊行された『永遠の0』で作家デビュー。’08年に発表した小説『ボックス!』(太田出版)で高校ボクシングの世界を感動的に描いて圧倒的な支持を集め、一躍読書界注目の存在となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)