• 本

はじめての支那論 中華思想の正体と日本の覚悟

幻冬舎新書 こ−10−2

出版社名 幻冬舎
出版年月 2011年7月
ISBNコード 978-4-344-98225-3
4-344-98225-8
税込価格 821円
頁数・縦 252P 18cm

商品内容

要旨

国際社会が、いわゆる中国(中華人民共和国)をふつうに「チャイナ(あるいはシナ)」と呼ぶ中で、なぜ日本だけが、かつては使っていた名称「支那」を差別語扱いして自主規制せねばならず、そう呼べない風潮が広がっているのか?―そもそもここに日中関係の本質的問題点がある。国家エゴを押し付ける中国の覇権主義「全球化」を、アメリカ的グローバリズムから読み解き、世界的な視点で、この「ウザい隣国」を論じた、いまだかつてない“中国”論。

目次

第1章 日中問題の本質とは何か(中国に統合されるのは絶対いや、でも戦争も絶対避けたい台湾
中国人労働者に頼りすぎていた日本社会 ほか)
第2章 経済という名の侵略、グローバリズム(絶対に労働者に恩恵はもたらさないグローバリズム
日本人に他国からの搾取はできない ほか)
第3章 中華思想とはグローバリズムである(シンガポールは中国人理想の嘉民社会
シンガポール人に見る、チャイニーズ社会の冷酷 ほか)
第4章 アメリカを見れば、中国がわかる(いきなりiPhoneのある生活を始めるアフリカ人
アメリカの嘘の「自由貿易」に騙されるな ほか)
第5章 文明なき中国との避けられない衝突(ダライ・ラマの政治的引退でチベット・中国関係はどう変わるか
もし日本が中国大陸を支配していたら ほか)

著者紹介

小林 よしのり (コバヤシ ヨシノリ)  
漫画家。昭和28年(1953年)、福岡県生まれ。昭和51年、大学在学中に描いたデビュー作『東大一直線』が大ヒットする。平成4年「ゴーマニズム宣言」の連載がスタート。つねに言論界の中心であり続ける
有本 香 (アリモト カオリ)  
ジャーナリスト。昭和37年(1962年)生まれ。東京外国語大学卒業。旅行雑誌編集長、上場企業の広報担当を経験したのち独立。現在は編集・企画会社を経営するかたわら、世界中を取材し、チベット問題、日中関係、日本の国内政治をテーマに旺盛な執筆活動を展開中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)