• 本

認知行動療法を身につける グループとセルフヘルプのためのCBTトレーニングブック

Challenge the CBT

出版社名 金剛出版
出版年月 2011年9月
ISBNコード 978-4-7724-1205-6
4-7724-1205-0
税込価格 3,080円
頁数・縦 204P 26cm

商品内容

要旨

認知行動療法は、手軽にポジティブ思考を育んで短期間に「うつ」や「不安」を治す画期的なツールなのか?一般に流布する認知行動療法への誤解を払拭し、本書は、正しい自己理解に裏打ちされたストレスマネジメントゆえに再発予防に効果的であると同時に、時間をかけて入念に取り組むセルフヘルプの顔をもつという、認知行動療法の真実を提案する。自動思考とモニタリング、外在化とマインドフルネス、セルフアセスメントとストレスマネジメント。これらキータームを正しく=楽しく=徹底的に理解+実践しながら、段階的に「認知再構成法」「問題解決法」に取り組むことで完成する、世界でたったひとつ、あなただけのオーダーメイド型CBT。

目次

ストレスマネジメント・認知行動療法とは
自分のストレスを知ろう
幅広いものの捉え方を検討しよう
問題解決に取り組もう
まとめ

著者紹介

伊藤 絵美 (イトウ エミ)  
1996年、慶応義塾大学大学院社会学研究科後期博士課程単位取得退学。2004年より、洗足ストレスコーピング・サポートオフィス所長。博士(社会学)、臨床心理士
石垣 琢麿 (イシガキ タクマ)  
1987年、東京大学文学部心理学科卒業。1993年、浜松医科大学医学部卒業。1999年、東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。現在、東京大学大学院総合文化研究科教授。精神保健指定医、精神科専門医、臨床心理士
大島 郁葉 (オオシマ フミヨ)  
1976年埼玉県生まれ。臨床心理士。千葉大学大学院医学研究院認知行動生理学博士課程在籍中。獨協医科大学越谷病院小児科、山野美容専門学校、ハートクリニック町田を経て、現在、千葉大学大学院医学研究院子どものこころの発達研究センター特任研究員、神奈川大学心理相談センター臨床心理士、池袋カウンセリングセンター臨床心理士
安元 万佑子 (ヤスモト マユコ)  
安元(新井)万佑子。1981年福岡県生まれ。臨床心理士。2004年横浜国立大学教育人間科学部卒業、2006年横浜国立大学大学院教育学研究科学校教育臨床専攻修了。ハートクリニック、東京大学駒場学生相談所などを経て、現在、慶應義塾大学病院精神・神経科所属(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)