• 本

エリザベス女王のお針子 裏切りの麗しきマント

出版社名 徳間書店
出版年月 2011年8月
ISBNコード 978-4-19-863238-0
4-19-863238-3
税込価格 1,760円
頁数・縦 270P 19cm

商品内容

文学賞情報

2012年 第59回 産経児童出版文化賞受賞

要旨

仕立て職人を父に持つ十三歳のメアリーは、刺繍が得意なお針子だ。花や鳥など、自然の美しさを布に刺していくメアリーの腕は、かなりのものだった。父が仕えるシドニー卿のもとにウォルター・ローリーが訪れた。シドニー卿の妻子がエリザベス女王を訪問するのに同行しようというのだ。そして、その際に身に着けるマントを作るのは、メアリーと父の仕事になった。しかしある夜、メアリーは、カトリック派の数人の男が、女王の暗殺を計画している話を偶然聞いてしまった。そのうえ、そこに来合わせた父が殺されるところまで目撃してしまう…。エリザベス朝時代を舞台に、実在の人物を巧みに配して、女王を救おうと奔走するお針子の少女の冒険を描く、ロマンティックでスリリングな物語。

出版社
商品紹介

女王暗殺の陰謀を暴こうと奔走するお針子の少女。エリザベス朝を舞台に繰り広げられるロマンティックでスリリングな物語。

おすすめコメント

16世紀末のイングランド。13歳のメアリーは刺繍が得意なお針子。エリザベス女王に謁見する際のマントを仕上げることになるが、女王暗殺の陰謀を偶然知ってしまい……。実在の人物を巧みに配し、女王を救おうと奔走するメアリーの姿を描くスリリングな物語。

著者紹介

ペニントン,ケイト (ペニントン,ケイト)   Pennington,Kate
イギリス北部のヨークシャー、ハロゲイトに生まれる。バーミンガム大学卒業後、教師として働いた後、作家を目指す。現在はヨークシャーにふたりの娘と暮らしている。ケイト・ペニントンは、作家ジェニー・オールドフィールドがヤング・アダルト向けの歴史小説を書く際のペンネーム。5つのペンネームを使い分けている
柳井 薫 (ヤナイ カオル)  
1961年東京生まれ。国際基督教大学教養学部卒業後、出版社勤務を経て、現在は英米文学の紹介、翻訳につとめる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)