• 本

ネザーランド

出版社名 早川書房
出版年月 2011年8月
ISBNコード 978-4-15-209235-9
4-15-209235-1
税込価格 2,530円
頁数・縦 344P 20cm

商品内容

要旨

ある春の夕方に届いた訃報。ロンドンに暮らすオランダ人ハンスの思いは、4年前のニューヨークへさかのぼる―2002年。アメリカを厭う妻は幼い息子を連れてロンドンに居を移し、ハンスは孤独で虚ろな日々を送っていた。しかし、ふとしたきっかけで遠い少年時代に親しんだスポーツ、クリケットを再開したことで、大都市のまったく違った様相をかいまみる。失うとは、得るとは、どういうことか。故郷とは、絆とは―。数々の作家・批評家が驚嘆した注目の作家がしなやかにつづる感動作。PEN/フォークナー賞受賞。

出版社
商品紹介

ニューヨークで孤独に暮らすハンスは、クリケットとの出会いを通して過去に思いをめぐらせる…。ペン/フォークナー賞受賞の感動作。

著者紹介

オニール,ジョセフ (オニール,ジョセフ)   O’Neill,Joseph
1964年、アイルランドのコークに生まれる。少年期はオランダで教育を受け、長じてケンブリッジ大学ガートン・カレッジで法律を専攻し、法廷弁護士となる。1991年に初の長篇This Is the Lifeを発表。その後、1996年に長篇第二作The Breezes、2001年にノンフィクションBlood‐Dark Track:A Family Historyを刊行。2008年に刊行した長篇第三作である『ネザーランド』は、批評家から高く評価され、PEN/フォークナー賞を受賞したほか、ブッカー賞候補となった
古屋 美登里 (フルヤ ミドリ)  
早稲田大学教育学部卒、翻訳家、エッセイスト(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)