• 本

直島瀬戸内アートの楽園

とんぼの本

出版社名 新潮社
出版年月 2011年8月
ISBNコード 978-4-10-602222-7
4-10-602222-2
税込価格 1,728円
頁数・縦 117P 22cm

商品内容

要旨

直島から、豊島、犬島まで、世界的“現代アートの聖地”を完全ガイド。アーティストや建築家の貴重なインタビューを新収録。

目次

自然と歴史と現代アート
直島(地中美術館
李禹煥美術館
家プロジェクト
屋外作品
直島銭湯「I〓(ラブ)湯」
ベネッセハウス)
豊島(豊島美術館)
犬島(犬島アートプロジェクト「精錬所」
犬島「家プロジェクト」)
瀬戸内国際芸術祭
直島、豊島、犬島の歩き方

出版社
商品紹介

世界的な現代アートの聖地を完全ガイド。直島から豊島、犬島まで、プロジェクトのすべてがわかる。アーティスト&建築家インタビューも満載。

著者紹介

福武 總一郎 (フクタケ ソウイチロウ)  
株式会社ベネッセホールディングス取締役会長、財団法人直島福武美術館財団理事長、瀬戸内国際芸術祭総合プロデューサー。1945年岡山県生まれ。早稲田大学理工学部卒業。1988年、直島文化村構想を発表。1995年、「よく生きる」を意味する造語「ベネッセ」を取り入れた「ベネッセコーポレーション」へ社名変更(変更前・福武書店・現在ベネッセホールディングス)。岡山県文化賞(2003年)、芸術選奨文部科学大臣賞(2008年)、日本建築学会文化賞(2010年)などを受賞
安藤 忠雄 (アンドウ タダオ)  
建築家。1941年大阪生まれ。世界各国を旅した後、独学で建築を学び、1969年に安藤忠雄建築研究所を設立。イェール大、コロンビア大、ハーバード大の客員教授を務め、1997年東京大学教授、2003年から名誉教授に。1979年に「住吉の長屋」で日本建築学会賞、2002年に米国建築家協会(AIA)金メダルほか受賞歴多数。2010年文化勲章受章(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)