• 本

フェルト一枚で作るおとぎの国のきせかえ人形 妖精のお裁縫・フェアリーソーイング

出版社名 幻冬舎ルネッサンス
出版年月 2011年9月
ISBNコード 978-4-7790-0747-7
4-7790-0747-X
税込価格 1,760円
頁数・縦 87P 30cm

商品内容

要旨

かんたんにお人形のお洋服が作れちゃう!それが、フェアリーソーイングです。「赤ずきんちゃん」「シンデレラ」など、時代を超えて子どもたちを魅了してきた名作たち、18作品のグラビアを掲載。リカちゃんやジェニーなどにもぴったりサイズ。基本の14パターンで、いくつものアレンジができます。

目次

おとぎの国へようこそ(赤ずきんちゃん
シンデレラ
星の兄妹
魔女 ほか)
お人形を作りましょう
かわいいお洋服を作りましょう(ジャンパースカート
カーディガンスーツ
ストレートドレス
フレアーワンピース ほか)

著者紹介

福元 淑子 (フクモト ヨシコ)  
フェアリーソーイング主宰。東京都出身。日本女子大学家政学部卒業。人形作家・洋画家・歌人。幼少の頃より母の影響で人形作りを始める。1960年代、小型のきせかえ人形が世界中に流行しはじめた頃、親子で簡単にできる服作りを考案。つづいて服にぴったりの人形も考案し、特許権と実用新案を取得する。その間、この裁縫をフェアリーソーイングと名づけ、『暮しの手帖』、小学館学年別雑誌、『手芸の友』『読売新聞』『朝日新聞』『朝日小学生新聞』『産経新聞』など、多くの媒体に紹介される
高崎 陽子 (タカサキ ヨウコ)  
東京都出身。福元淑子の次女。幼い頃より常に人形と一緒の少女時代を過ごす。その後、お菓子作りに興味を持ち、現在自宅でお菓子教室「スポンジママ」主宰。フェアリーソーイングは主に制作面で母をサポート。1995年以降、フェアリーソーイングによる人形教室を仙台市市民センター、NHK文化センター、仙台リビング新聞、手芸用品店マブチなどで開催。カラーコーディネーター、色彩指導者認定講師、製菓衛生師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)