• 本

ピュタゴラスの音楽

出版社名 白水社
出版年月 2011年9月
ISBNコード 978-4-560-08163-1
4-560-08163-8
税込価格 3,740円
頁数・縦 456,36P 20cm

商品内容

要旨

25世紀に及ぶピュタゴラスの影響を壮大なスケールで描く。「ピュタゴラスの定理」で知られる紀元前6世紀のギリシアの賢人。その数奇に満ちた生涯と、現在に至るまでの思想の継承史を明らかにする。

目次

第1部 紀元前六世紀(伝説と史実の狭間で
長い髪のサモス人―紀元前六世紀
ギリシアのしきたりとはまったく異なる―紀元前六世紀 ほか)
第2部 紀元前五世紀‐紀元七世紀(ピュタゴラス派のピロラオスの著書―紀元前五世紀
プラトンによるピュタゴラスの探求―紀元前四世紀
古代の人々、私たちよりも優れていて、神々のより近くで暮らしていた人々がこの言葉を残してくれた―紀元前四世紀 ほか)
第3部 八‐二十一世紀(「巨人たちの肩に乗った小人」中世におけるピュタゴラス―八世紀‐十四世紀
自然が最も素晴らしく完璧な姿を見せるもの―十四‐十六世紀
「そのとき、夜明けの星はこぞって喜び歌い」ヨハネス・ケプラー―十六世紀と十七世紀 ほか)

著者紹介

ファーガソン,キティ (ファーガソン,キティ)   Ferguson,Kitty
1941年、アメリカのテキサス州生まれ。ジュリアード音楽院で学び、プロの音楽家として20年ほど活躍した後、サイエンスライターとして執筆を開始
柴田 裕之 (シバタ ヤスシ)  
翻訳家。早稲田大学・Earlham College卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)