• 本

文学と文学理論

出版社名 岩波書店
出版年月 2011年9月
ISBNコード 978-4-00-024664-4
4-00-024664-X
税込価格 4,840円
頁数・縦 430,8P 20cm

商品内容

要旨

文学研究の垣根をこえ、批評理論は広く人文学的研究の枠組みとして浸透した。だが、歴史や文化、人種やジェンダーを対象に数々の理論が語られながら、理論の視野からは急に文学それ自体が消え去ってしまったかに見える。小説と国民国家、行為遂行的なもの、過剰解釈、全知の語り、哲学の悪文など、多様なテーマを論じながら、あらためて理論と文学の再接合をはかり、「文学的なもの」に焦点をあてて、文学理論のもつ豊かなパースペクティヴを浮き彫りにする。

目次

理論(理論の中の文学
小説と国民国家
理論への抵抗)
諸概念(テクスト、その運命の転変
記号―ソシュールとデリダ、恣意性について
行為遂行的なもの
解釈―「過剰解釈」を弁護する
全知)
批評的実践(悪い文章と良い哲学
批評的著述
カルチュラル・スタディーズ
とうとう比較文学)

出版社
商品紹介

小説と国民国家、全知の語り手など、多様なテーマを明快に論じて、文学理論の豊かさを浮彫りにする。

著者紹介

カラー,ジョナサン (カラー,ジョナサン)   Culler,Jonathan
1944年生まれ。コーネル大学教授。専攻、比較文学。アメリカの代表的文学理論家・批評家
折島 正司 (オリシマ マサシ)  
1947年生まれ。青山学院大学文学部教授。専攻、アメリカ文学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)