• 本

希望のスイッチは、くすっ うつ病の母に笑顔がもどった奇跡のはがき

出版社名 鳳書院
出版年月 2011年9月
ISBNコード 978-4-87122-165-8
4-87122-165-2
税込価格 1,296円
頁数・縦 141P 17cm

商品内容

要旨

くすっと笑った瞬間、心はもう前を向いている。「エチカの鏡」(フジテレビ系列)で大きな感動を呼んだ、5000枚のはがきと家族の物語。

目次

1 街は、ふしぎでいっぱい(雨が上がったら
赤ちゃん組のおさんぽ ほか)
2 人はおもろい(関西のおばちゃんたち
こぼすなよ ほか)
3 いつも一生懸命(けなげさが好き
ズボンスカート ほか)
4 そうだったのか(ハトに連れられて
春の美しいもの ほか)
5 負けたらあかん(やぼなスタイルが、今っぽい
泣くということ ほか)
6 人生は素晴らしい(おたんじょうび
インゲン豆 ほか)

著者紹介

脇谷 みどり (ワキタニ ミドリ)  
1953年大分県生まれ。障がいのある娘の誕生をきっかけに介護に奔走。96年には郷里の母がうつ病を発症。「死なせてなるものか」と、笑えるはがきを毎日送る。約5000通のはがきを送るなかで、笑いと希望を届けることに喜びを発見。00年からは「風のような手紙」を毎月発行。介護の日常を明るくつづった新聞は、口コミで愛読者が広がる。05年からは西宮さくらFMで「風のような手紙」(毎週水曜日)のパーソナリティーを担当。08年からは毎日新聞・大阪版にイラスト・エッセイ「KANOKO MEMO」(第2水曜日)を連載する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)