• 本

風立ちぬ・美しい村

改版

新潮文庫 ほ−1−2

出版社名 新潮社
出版年月 2011年10月
ISBNコード 978-4-10-100402-0
4-10-100402-1
税込価格 473円
頁数・縦 233P 16cm
シリーズ名 風立ちぬ・美しい村

商品内容

要旨

風のように去ってゆく時の流れの裡に、人間の実体を捉えた『風立ちぬ』は、生きることよりは死ぬことの意味を問い、同時に死を越えて生きることの意味をも問うている。バッハの遁走曲に思いついたという『美しい村』は、軽井沢でひとり暮しをしながら物語を構想中の若い小説家の見聞と、彼が出会った少女の面影を、音楽的に構成した傑作。ともに、堀辰雄の中期を代表する作品である。

出版社・メーカーコメント

それは死の味のする幸福だった――。

サナトリウムで育まれた奇跡的な愛。繊細な心理を捉えた傑作2編。 風のように去ってゆく時の流れの裡に、人間の実体を捉えた「風立ちぬ」は、生きることよりは死ぬことの意味を問い、同時に死を越えて生きることの意味をも問うている。バッハの遁走曲(フ−ガ)に思いついたという「美しい村」は、軽井沢でひとり暮しをしながら物語を構想中の若い小説家の見聞と、彼が出会った少女の面影を、音楽的に構成した傑作。ともに、堀辰雄の中期を代表する作品である。

著者紹介

堀 辰雄 (ホリ タツオ)  
1904‐1953。東京生れ。東大国文科卒。一高在学中より室生犀星、芥川龍之介の知遇を得る。’30年、芥川の死に対するショックから生と死と愛をテーマにした『聖家族』を発表し、’34年の『美しい村』、’38年『風立ちぬ』で作家としての地位を確立する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)