• 本

日本語の難問

宝島社新書 331

出版社名 宝島社
出版年月 2011年10月
ISBNコード 978-4-7966-8636-5
4-7966-8636-3
税込価格 770円
頁数・縦 223P 18cm

商品内容

要旨

コーヒーを飲みたいとコーヒーが飲みたいは、どう違う?お名前・ご住所・お仕事、住所が「ご」なのは、なぜ?毎日つかっていても誰も答えられない日本語の超難問。

目次

1 発音から文法まで「くめどもつきない日本語の謎」(「さて」と「ところで」はどう使い分ける?
「形容動詞」は、どうして「動詞」という語が付いているの? ほか)
2 動詞の類似表現「動詞はなかなか難しい!」(「おじいさんとおばあさんがありました。」は間違い?
「余る」と「残る」はどう違う? ほか)
3 名詞の類似表現「名詞の違いって何!」(「気分」と「気持ち」はどう使い分ける?
「興味」と「関心」はどう違う? ほか)
4 形容詞・副詞の表現「形容詞・副詞は奥が深い」(「大きい」と「大きな」の違いは?
「得意だ」と「上手だ」の使い分けは? ほか)
5 助詞・助動詞の表現「助詞・助動詞には日本語の性質が垣間見える」(「〜に会う」と「〜と会う」をどう使い分ける?
「に」と「へ」はどう違う? ほか)

著者紹介

宮腰 賢 (ミヤコシ マサル)  
東京学芸大学名誉教授。『旺文社全訳古語辞典』『旺文社全訳学習古語辞典』の編者として知られる。東京学芸大学では国語学の担当。成績評価は厳しいものの話題の豊富さと語り口のさわやかさで、学生・留学生に親しまれた。大学生活協同組合連合会の教員理事として全国規模の読書推進活動に尽力し、学校図書の小・中・高の国語科の教科書編修に参加した。1938年3月、東京は板橋の生まれ。国民学校一年のとき、北海道上川郡多寄村に疎開、高校卒業まで北海道で過ごす(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)