• 本

百年文庫 96

出版社名 ポプラ社
出版年月 2011年10月
ISBNコード 978-4-591-12184-9
4-591-12184-4
税込価格 825円
頁数・縦 151P 19cm

商品内容

要旨

石や草ばかりを描き、世間の評判とは無縁な画家・馬鹿一。自由にして穏やか、しかし揺るぎない信念を持って、自然を賛美する武者小路実篤『馬鹿一』。白い大地に残る、生きものたちの足あと。風の音にじっと身を屈め吹雪の夜。東北の地で山林孤棲の生活を選んだ高村光太郎、晩年の名随筆『山の雪』。戦後、松江に駐屯していた英国兵と逃亡し、峨峨たる山間の民家に隠れ住んだはる子。宇野千代が実話をもとに書き下ろした愛の物語(『八重山の雪』)。ひたむきさが胸を打つ、それぞれの生き様三篇。

著者紹介

武者小路 実篤 (ムシャノコウジ サネアツ)  
1885‐1976。東京・麹町生まれ。学習院小・中・高等科を経て、東京帝国大学に入学。1910年、志賀直哉らと『白樺』を創刊し、『お目出たき人』『友情』などで作家の地位を確立。また理想郷をめざし、「新しき村」の創設に携わる
高村 光太郎 (タカムラ コウタロウ)  
1883‐1956。東京・下谷生まれ。詩人、彫刻家。東京美術学校で彫刻、のち西洋画を学ぶ。海外留学後の1914年、詩集『道程』を刊行。戦後は花巻で獨居自炊の生活を送った。その他の代表作に『智恵子抄』『典型』(読売文学賞)など
宇野 千代 (ウノ チヨ)  
1897‐1996。山口県生まれ。岩国高等女学校卒業。『脂粉の顔』で作家生活に入る。ファッション誌「スタイル」を創刊するなど、生き方、恋愛観において多くの読者の共感を得た。代表作として『おはん』(野間文芸賞、女流文学者賞)『薄墨の桜』『生きて行く私』など。文化功労者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)