• 本

橋の上 書き下ろし中編時代小説

双葉文庫 さ−19−43 居眠り磐音江戸双紙 帰着準備号

出版社名 双葉社
出版年月 2011年10月
ISBNコード 978-4-575-66525-3
4-575-66525-8
税込価格 713円
頁数・縦 382P 図版32P 15cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

明和六年、関前藩主福坂実高の参勤上番に従い、二十四歳にして初めて江戸の地に立った坂崎磐音は、佐々木道場入門を控えたある日、両国橋で厄介事に巻き込まれる―。剣術家への第一歩を踏み出す若き日の磐音を描いた書き下ろし中編小説「橋の上」他、著者メッセージ&インタビュー、地図と浮世絵で振り返る“磐音が歩いた江戸”などを収録、「居眠り磐音」読者におくる江戸帰着準備号。シリーズ10周年記念特別刊行。

目次

巻頭カラー口絵
特別書き下ろし中編時代小説 「居眠り磐音江戸双紙」青春編 橋の上(佐伯泰英)
磐音が歩いた「江戸」案内(春ノ旅
夏ノ旅
秋ノ旅
冬ノ旅
江戸近郊)
著者インタビュー 磐音とともに―佐伯泰英、十年の歩み
「居眠り磐音江戸双紙」年表(第24〜37巻)

著者紹介

佐伯 泰英 (サエキ ヤスヒデ)  
1942年、北九州市生まれ。日本大学芸術学部映画学科卒。デビュー作『闘牛』以後、スペインをテーマにした作品を発表。99年、初の時代小説『密命』を皮切りに次々と作品を刊行、時代小説の旗手として高い評価を得る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)